外壁塗装、失敗しないための注意点!外壁塗装とは?

外壁塗装、失敗しないための注意点とはあるのでしょうか。
外壁塗装とは、簡単に言えば家を長持ちさせるために外壁を塗装することとをいい、家を新築したばかりの頃は建物全体が新しく、外観も美しく機能性にも優れてはいますが、月日が経過するにつれて紫外線や外の空気などの影響を受けて、次第に劣化します。

 

地震や風雨、大雪などによる腐食から外壁を守るために、そして家屋を丈夫で長持ちさせるために行われる施工のことを外壁塗装といいます。

 

一言で外壁塗装といっても、使用される素材の種類が多く、どのような目的で外壁塗装をするのか、外観の見た目をどのようにするかによっても、使用される外壁塗装の素材の選び方や使い方にもさまざまな違いがあります

 

一戸建て住宅を新築する時に行われる外壁塗装の工事では、外壁の見た目を美しくする事を目的として行い、模様をつけるために吹きつけされるのが一般的ですが、新築してから数年後、数十年後と月日が経過するにつれて、外壁の色があせてしまうこともあれば、外壁がもろくなることもあります。

 

外壁を塗り替える場合には、吹きつけではなくローラーを用いた塗装が行われることもあります。


外壁塗装、失敗しないための注意点!外壁塗装は家の顔

外壁塗装、失敗しないための注意点をおさえておきましょう。
まず、住まいのリフォームを行う際に、キッチンや浴室を新しくする場合は、室内をキレイにする作業なので、外観はとくに変わりません。

 

外壁のリフォームを行い、外壁塗装をやり替える場合は、家の外側なので、外壁塗装の素材や色の選び方や塗り方によっては、外観がまるっきり変わることもあります。

 

言い換えれば、外壁塗装は家の顔であり、少しおおげさに言えば女性が下地クリームやコンシーラー、ファンデーションを塗るのと同じように、家の外観にお化粧をするようなものです。

 

外壁の色や質感によって、高級感のある造りに仕上げることもできれば、見劣りがすることもありますので、外壁リフォームに使われる素材や塗料、色などは慎重に選びたいものです。

 

現代の住宅は、一昔前の家の構造や外観もまったく違い、外壁塗装の技術がかなり進歩してきました。

 

アクリル系塗料やウレタン系、シリコン系などさまざまな塗料がありますが、近年は光触媒やナノテクなど、次世代の外壁塗料が注目されるようになりました。

 

塗料の種類によっては、まだまだ価格が高いものもありますが、新しく登場した光触媒やナノテク塗料は、耐久性や防水性などの機能性が高いこともあり、長い目で見ると低コストになることから、少しずつ普及し始めているようです。


外壁塗装、失敗しないための注意点!外壁のひび割れが気になったら外壁塗装のタイミング

外壁塗装、失敗しないための注意点について、「家を新築して以来、もう10年以上も経過しているのにこれまでに1度も外壁塗装をしてもらったことがない! 外壁塗装はどんなタイミングでどの時期に、業者に頼んだらいいの?」と戸惑う人もいると思いますが、外壁塗装については、家を新築した時に使われた素材や塗装の手段などによっても、耐久性にはそれぞれ違いがありますので、新築してから何年以内に外壁塗装の施工をしなければならないといった決まりは、とくにありません。

 

まずは外壁をチェックして、塗装のひび割れや剥がれがないかどうか調べてみましょう。

 

大地震の発生により、外壁にひび割れが目立つようになると、住まいとしての安全性が気になるものです。

 

とくに地震が発生しなくても、外壁にひび割れが目立つようになることもあります。

 

外壁塗装に使用された素材や塗り方によっては、外壁の劣化を早める可能性もあります

 

外壁のひび割れが気になり始めたら、今すぐ外壁塗装を依頼するかどうかは別にして、専門の業者に連絡をして、どの程度外壁の劣化が進んでいるのか、自宅に来てもらい、調べてもらう必要があります

 

快適な住まい環境を保つためにも、外壁のひび割れが気になり始めたら、調査してもらい、外壁の塗り替えの時期が近づいているものと見て良いでしょう。

 

 


外壁塗装、失敗しないための注意点!外壁の剥がれが気になったら外壁塗装の時期

外壁塗装、失敗しないための注意点とはどういうことでしょうか。

 

新築してから数年後に、外壁の剥がれがみられることもあれば、10年以上経過してもとくに外壁には何の問題もなく、快適な住まい環境を保っている家屋もあります。

 

外壁が剥がれていると、外観の美しさが失われるだけではなく、住まいの安全性の面でもさまざまな不安をもたらすものです。

 

外壁塗装の剥がれのおもな原因としては、家の前の道路を走る車の通行量が多く、車から排出されるガス、または近くに工場などがあり、家の周辺の空気環境が悪くなっていることが原因として考えられます。大気中に含まれる物質が汚染されていて、外壁にまで悪影響を及ぼしているものとみられます。

 

このような場合は、外壁の剥がれの原因ははっきりしているのでその原因を取り除くことができれば良いのですが、家の周辺の空気環境を人の手で変えることは難しいものです。

 

外壁の塗膜の表面が劣化すると、さらに月日が経過すれば劣化が激しく進み、周りからは古びた家のように見えることもあります。

 

外壁の剥がれが気になったら、そろそろ外壁塗装の時期だとみて良いでしょう。

 

外壁の剥がれが原因で外壁塗装を行う場合は、どのような素材のものを選んだら耐久性が高いのか、専門の業者に相談すると良いでしょう。

 


外壁塗装、失敗しないための注意点!外壁塗装の工事の流れ

外壁塗装、失敗しないための注意点!まず、外壁塗装を専門の業者に依頼する場合、どのような流れになっているのでしょうか。

 

知り合いの業者がいれば、まずは電話で連絡をして、自宅に来てもらい、問題のある箇所をチェックしてもらい、立ち会いをします。

 

これを現場調査といい、建物の状態を丁寧に見てもらい、問題のある箇所について、今後はどのようにしたいのか、業者に希望を伝えます。

 

施工に使用される素材の種類や用途、目的などについて業者から詳しく話しを伺い、現場での調査した内容を元に、外壁塗装に使用する塗料や施工の方法などについて、いくつか提案してもらいます。

 

正式に契約する前には、必ず見積書を作成してもらい、施工法や塗料など何種類か提案されている場合は、見積書はその種類の分だけ作成してもらい、どの方法、どの塗料が良いのか検討します。

 

作業内容と価格に納得した上で、正式に契約を取り交わして、作業が始まる前には隣近所に挨拶して、作業の日程などについて伝えておくと良いでしょう。

 

契約を取り交わした後は、業者と細かい打ち合わせに入り、その後、外壁塗装の着工、そして工事が完成した時点で作業は完了で、仕上がり具合を細かくチェックして立ち会います。


外壁塗装、失敗しないための注意点!外壁塗装によって建物本来の防水性を維持すること

外壁塗装、失敗しないための注意点!外壁塗装によって、どのような効果が期待されるのでしょうか。

 

ここでは、外壁塗装のおもな役割と塗装後に期待される効果について、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

大気汚染や紫外線など、さまざまな原因により、月日の経過とともに外壁が老朽化するため、見た目にも良く美しい景観を保つためには、外壁塗装の施工を行う必要があります。

 

新築した時のように、建物が美しい景観を長く維持できれば理想的ですが、湿気がこもりやすくてカビや藻が発生することもあれば、紫外線や大気汚染の影響を受けて、外壁が変色することもあります。

 

外壁塗装を行うことにより、外壁の変色を防ぐとともに、建物の防水性を保つ効果が期待されます。

 

とくに現代では、昔ながらの和風の家が少なくなり、洋風の家が主流となりつつあります。

 

外壁の防水性が失われてしまうと、カビや藻が生える原因となり、1度生えると広い範囲に広がることもあります。

 

衛生面での不安も広がるため、外壁塗装を行うことで外観をキレイにするだけではなく、清潔感があり、防水性がさらに良くなることでしょう。


外壁塗装、失敗しないための注意点!外壁にダメージを与える原因とは

外壁塗装、失敗しないための注意点を探していきましょう。家は一生の買い物であり、新築するために土地を探して家を建てて完成して、家族が住むようになったら、家を維持してしっかりと管理していかなければなりません。

 

どんなに家を大切にして掃除を一生懸命していても、月日が経過すれば自然の流れで劣化します。

 

わたしたち人間が年を重ねるにつれて老化するのと同じように、外壁も老化、つまり劣化がどんどん進んでいます。

 

家は大切な資産であり、家族にとっても憩いと安らぎの場所ですから居心地が良くて快適に暮らせるようにする必要があります

 

 

どんなに耐震強度が高くて、立派な家を造っても、台風や洪水など自然の災害にさらされてしまうようでは、家の外から中まで大きなダメージを受けることもあります。

 

とくに、近年は地球の温暖化や大気汚染が進んでおり、汚染物質が運ばれてくることもあれば、酸性雨が強く降ることもあります。

 

外壁にダメージを与える原因は、自然の災害や空気汚染、外壁の素材の劣化などいろいろありますが、とくに築年数が古い建物だと、外壁塗装に使われている素材について耐久性や防水性が弱いものもあります。

 

外壁塗装を業者に依頼する前に、劣化した原因をつきとめるとともに、しっかりとした対策をとることが肝心です。


外壁塗装、失敗しないための注意点!外壁塗装で失敗しない色選び

外壁塗装、失敗しないための注意点!外壁をリフォームしようと思ったら、どの素材を使うのか、どの色を選ぶのか、いろいろと考えなければならないことがたくさんあります。

 

外壁の素材と色を選ぶ前には、リフォームにかける予算をいくらにするのか決める必要があります

 

そして、外壁リフォームを行う本来の目的を見失うことなく、外観をどのようにしたいのか、ふだんから家族とよく話し合い、お互いに納得できるようにしたいものです。

 

外壁塗装で失敗しない色選びについてご紹介する前に、実際に多く見られる失敗の事例をあげたほうがわかりやすいかもしれませんね。

 

家の外側をすべて外壁に囲まれているわけですから、色の選び方によっては、家全体が暗い感じに見えることもあれぱ、周囲の建物との調和がなく、自分の家が異様に目立ってしまう可能性もあります。

 

外壁塗装で無難な色と言えばベージュ系がおすすめですが、色合いが濃いめのものを選んでしまうと、全体的に落ち着かない感じの印象になってしまうこともあります。

 

外壁を1度リフォームをして、見た目が良くないからといって、すぐにやり替えると費用が高くついてしまうので、外壁リフォームの前に、住宅街などを歩いてみて、外壁にどのような色が使われているか、観察してみてはいかがでしょうか。


外壁塗装、失敗しないための注意点!外壁塗装で断熱性をアップ! 電気代の節約対策にも

外壁塗装、失敗しないための注意点はあるのでしょうか?外壁塗装によるリフォームを行う目的は、人それぞれさまざまな目的や用途があると思います。

 

単に外観の見た目を良くしたいと思う人もいれば、耐久性や防水性を良くしたいと考える人もいると思います。

 

とくに外観の見た目とは関係なく、断熱性を良くしたいと思い、外壁リフォームを検討している人もいます。

 

外観を見ただけでは、外壁塗装でどのような機能性が備わっているのかは、判断できないと想いますが、その家に住む人にとっては外壁のリフォームを行うことで、これまでとは違い、より快適な室内空間に変わったことを実感することと想います。

 

済んでいる地域によっては、気候が暑くて夏はエアコンを長時間かけっぱなしにして、電気代が高くなることもあります。

 

外壁をリフォームするのに暑さをしのぎたいと想うのなら、断熱性が高い素材を用いて外壁塗装の施工をしてもらうと良いでしょう。

 

近年は、断熱性の高い塗料や素材を用いて外壁塗装された住宅も増えており、室内の気温の上昇が抑えられることで、年間で3万円〜4万円もの電気代の節約に成功した事例もたくさんあります。


外壁塗装、失敗しないための注意点!訪問による外壁塗装・リフォーム業者には要注意

外壁塗装、失敗しないための注意点をあげてみます。そろそろ外壁塗装の時期なのかどうか、判断がつかないので業者に電話してみようとは思っていても、電話してから自宅に来てもらうと、「ぜひうちで施工をまかせてほしい」としつこく勧誘されるのではと、不安を抱く人も少なくないようです。

 

外壁の劣化があまりにも目立つようであれば、1日も早く専門の業者に自宅に来てもらい、外壁塗装を依頼したいところですが、作業するのに日数がかかり、当然お金が絡むことですから、ここは慎重に判断しなければなりません。

とくに電話やメールなどでこちらから連絡したわけでもないのに、ある日突然、自宅を訪問して外壁塗装やリフォームなどの営業に来ることもあります。

 

自宅に業者が突然来て、玄関に一歩足を踏み入れたら、外壁を細かくチェックして、「外壁の劣化がかなりひどい状態なので、外壁塗装をしてはいかがですか。」と盛んに勧める業者もいます。外壁塗装のプロがそのように言うのだから、間違いないと思い、うっかりその場で契約すると、はじめに作成した見積書とは大幅に変わることもあります

 

訪問販売の業者が来た場合は、自宅にまで踏み込まれては逃げる場所もないので、とくに注意が必要です。