外壁塗装の必要性について

外壁塗装は、簡単に言えば家の塗り換えのことをいいますが、新築してから数年後から数十年後には、紫外線や大気汚染などさまざまな影響を受けるので、外壁の色が変化することもあれば、外壁にひびが入り、カビや藻が生えることもあります。

 

「なぜ外壁塗装を行う必要があるのですか?」と聞かれれば、答えは簡単で「家屋の外観を美しく保つために外壁塗装を行い、紫外線や大気汚染から守り、耐久性を高めるために必要。」だということです。

 

外壁塗装を行う時期は、とくに決まっているわけではありませんが、外壁の状態が劣化し始めた頃がベストタイミングです。とくに、外壁が劣化していなくても、これまでとはガラッとイメージチェンジして見た目にも新しく美しくしたいと、装飾性を重視する人もいます。

 

たとえば、これまでは外壁の色が地味だったので、思い切って明るい色に変えたいと思う人もいれば、耐久性や耐火性を重視して、より頑丈な家にしたいと考えて外壁塗装の施工を業者に依頼する人もいます。外壁塗装を依頼する目的は人それぞれさまざまな違いがあり、どんな家にするのか、目的によっても使用する外壁材には違いが出てきます。