外壁塗装でシリコン系塗料の特徴とメリットは?

外壁塗装でよく用いられる塗料には、シリコン系塗料がありますが、どのような特徴やメリット、そしてデメリットがあるのでしょうか。外壁塗装で用いられる塗料を選ぶ際に、シリコン系にするか、それともウレタン系、アクリル系にするか迷うこともあるようです。

 

ふだんわたしたちは、毎日の生活の中でシリコンという言葉を頻繁に耳にしていると思います。シリコン系樹脂とは、シロキサン結合による無機化合物の一種で、一戸建て住宅の外壁塗装にはもちろん、シーリング材などの建築関係だけではなく、シャンプーやリンスなどのヘアケア製品やファンデーションにも使われています。もっとも、近年はノンシリコンシャンプーが市場に多く出回るようになり、身近なところでわたしたちはシリコンと深く関わっているようです。

 

シリコン系塗料のメリットをあげると、耐熱性に優れていることです。シリコンとアクリルがブレンドされた塗料だと、耐熱性が約200度にまで下がると言われていますが、シリコンを主成分にした塗料を用いる場合、耐熱性は約600度とも言われています。

 

シリコン系取りようのデメリットをあげると、アクリル系に比べると価格が高く、付着性について比較すると、シリコン系塗料のほうが若干劣ります。しかし、汚れを寄せ付けにくいので、外観の見た目の良さを保てるようになります。