外壁塗装でウレタン系塗料の特徴とメリットは?

そもそも、外壁塗装においてウレタン系塗料とは、どのような塗料の事を指しているのでしょうか。一般的には、建築素材のひとつとして断熱材やシーリング材としてよく用いられており、自動車の補修に使われることもあります。ハウスクリーニングでフローリングの掃除を利用した経験がある人ならご存知かもしれませんが、フローリングの仕上げとして使われることもあります。

 

ウレタン系塗料でフローリングの仕上げをした後は、光沢が出て質感が高く感じられるようになります。このような特徴やメリットを活かして、外壁塗装では多く用いられています。

 

ウレタン系塗料を外壁塗装に用いることによって、付着性に優れていて、気候の変化にも強くて、アクリル系塗料と比較しても耐久性の面で優れているため、コストパフォーマンスが良いのが魅力です。

 

ただし、ウレタン系塗料の注意点としては、アルコールと反応する性質があるため、アルコール成分が含まれたシンナーなどを使うと変色するなど、なんらかの変化が生じる可能性があります。ウレタン系塗料にもいくつかの種類がありますが、品質によっては紫外線の影響を受けて変色する可能性があります。