モルタルによる外壁塗装の特徴とメリットとは

一般住宅の外壁塗装には、モルタル塗りと呼ばれる方法がよく使われているようです。モルタルと、木板に取り付けをした金網にモルタルと呼ばれる素材を塗り、これを外壁の下地として使うものであり、モルタル塗りと呼ぶこともあります。

 

モルタル塗りのメリットをあげると、ある程度は形が自由になることです。たとえば、防火性をより強化する場合や耐久性をアップさせたい場合は、金網には強度の高い素材を使い、モルタルに厚みをつけるなど、バリエーションが豊富です。用途や目的に合わせてある程度は、自由にカスタマイズができるという点では、モルタルによる外壁塗装はおすすめです。

 

ただし、モルタル塗りによるデメリットをあげると、ひび割れしやすいことです。熟練した職人がいれば、モルタル塗りによる外壁塗装について安心して地注文することができると思いますが、モルタル不利にあまり慣れていない職人だと、ひびが入ってしまい、そのたびに補修工事を行うようで、かえってコスト高になってしまうこともあります。

 

モルタル塗りの特徴としては遮音性と耐火性には優れてはいますが、モルタルに湿気がこもってしまった場合は、素材にダメージを受けやすくなるので注意が必要です。