外壁塗装でタイルを用いるメリットとは

一般住宅やマンション、アパートなどの集合住宅では、外壁塗装にタイルが用いられているところもあります。隣近所を歩いていても、タイルを使った外壁塗装を頻繁に見かけるので、身近に感じられることと思います。

 

タイルを用いる外壁塗装には、保護塗装とペイントリフォームと呼ばれる2種類の施工方法があります。保護塗装とは浸透性の高い吸水防止材料などをタイル壁に塗る方法のことを質問いい、ペイントリフォームとは汚れを落とそうとして洗浄をしても汚れが落ちにくくなってしまったタイル壁にリフォームを施すことを指します。

 

タイル壁による外壁塗装のメリットをあげると、他の施工法と比較してもメンテナンスが簡単にできることです。タイル壁による外壁塗装は、見た目にも高級感があり、今ではマンションやアパートなどの集合住宅では、よく見かけるようになりました。見た目の良さはもちろん、外壁全体がタイルによって覆われているので、耐久性があります。

 

近年では、一般住宅でもタイル壁を用いた外壁塗装が主流となりつつあるようです。初期費用が安くて余分なコストを抑えられるという点では満足度が高いようです。しかし、外壁がタイルで覆われているため、万が一、大きな地震が発生した場合、タイルが剥がれてしまい、落下する可能性もありますので、密着力とクッション性が高い施工の技術が必要となります。