外壁塗装で無機系塗料の特徴とメリットとは?

外壁塗装で用いられる塗料にはいくつかの種類があり、アクリル系やウレタン系、フッソ系やシリコン系などの種類がありますが、これらの塗料はいずれも有機系の樹脂によって作られた塗料です。この他には、ナノ系塗料や光触媒系塗料などもありますが、ここでご紹介する無機質塗料は無機系塗料ともいい、有機系の樹脂を原材料とする塗料ではなく、おもに鉱物を多く含む塗料のことを指しています。

 

外壁塗装で無機系塗料を使うメリットをあげると、紫外線に強い性質があるので、とくに日照時間が長くて日当たりが良い家の外壁リフォームに適しています。紫外線に強い無機系塗料は、耐久性の面でも非常に高く評価されています。

 

もうひとつ、無機系塗料のおすすめポイントをあげると、カビが生えにくく、ほこりが付着しにくいことです。無機系塗料にかびやほこりが付着しにくい理由、それは帯電性を持たない塗膜が作られるため、外壁の美しい景観を維持できることにあります。

 

それでは、有機系塗料と無機系塗料を比較した場合、価格はどちらが高いのでしょうか。単純に価格のみで比較した場合、有機系塗料よりも無機系塗料のほうが高くなるようですが、ほこりやカビがつきにくく、耐久性や撥水性が高いことから、有機系塗料よりも無機系塗料のほうが長持ちするので、長い目で見ると低コストですね。