外壁塗装で光触媒塗料の特徴とメリットとは?

外壁塗装で使われる塗料には、アクリル系やウレタン系、フッ素系などの有機系樹脂や無機系樹脂、そして近年は光触媒塗料がよく使われるようになりました。光触媒塗料についてはまったく知識がなくても、光触媒という言葉はこれまでに何度も耳にしているのではないでしょうか。

 

一般的に、光触媒とは蛍光灯や太陽などの光に反応すると、強い酸化力が出るようになり、細菌や化合物などの有害な物質を取り除く効果や空気環境をキレイに浄化する効果が期待されています。光触媒について身近なところでは、アートフラワーアレンジメントによる光触媒の造花などがあります。このようなことから、光触媒塗料と言えば、地球環境に優しい塗料だということがイメージできると思います。

 

光触媒塗料は、これまで主流とされていたフッ素系塗料やアクリル系塗料、ウレタン系塗料とはまったく異なる特徴を持っており、太陽光のパワーをうまく活用して、外壁に付着したほこりや汚れを分解させて、水や雨によって除去する効果が期待されています。

 

光触媒塗料は新世代の外壁塗料とも呼ばれており、外壁の美しい景観を維持していくためにも、注目されており、耐用年数は20年程度とも言われています。