外壁塗装もナノテクノロジーの時代

化粧品やサプリメントなどあらゆる商品にナノテクノロジーが導入されるようになりましたが、外壁塗装で使われる塗料にもナノテクノロジーが採用されていることをご存知でしょうか。このような塗料のことをナノテク塗料といい、新世代の塗料として注目を浴びています。

 

ナノテクノロジーという言葉の通り、塗料に使われるシリカなどの材料が細かい粒子になっています。ナノテクノロジーにより、ナノメートルの単位まで細かくて小さな物物質を造り出すことが可能となりました。ナノメートルとは、1メートルの10億分の1の大きさですから、わたしたち人間の肉眼では当然見ることはできません。

 

ナノレベルの塗料が外壁のリフォームに使われているといっても、どのような感じなのかまったく想像もつかないですが、とくに地球環境に優しい素材として知られています。ナノ塗料ならではの特色としては、外壁に汚れが付着するのを防ぐ力があり、水とのなじみが良いので、外壁に汚れがついても雨が降れば自然に洗い流してくれます。

 

アクリル系やウレタン系などの塗料と価格について比較すると、ナノテク塗料は長い年月をかけて開発されたこともあり、最新のナノテクノロジーが採用されているので、価格は高くなりますが、熱にも汚れにも強く、耐久性も高いので外壁塗装として使うメリットは大きいものと思われます。