外壁塗装で注目の断熱塗料とは?

外壁塗装で使われる塗料にはアクリル系・ウレタン系・フッ素系などが定番ですが、近年は高品質な仕上がりが期待される光触媒塗料やナノテク塗料、そしてもうひとつには断熱塗料につて建築業界からも注目されるようになりました。断熱塗料という言葉を耳にすれば、断熱性が高い塗料であることは想像がつくと思います。

 

断熱塗料は熱を遮断する機能が備わっていることから遮熱塗料と呼ばれることもあります。断熱塗料を外壁リフォームで使用するもっとも大きなメリットは、断熱効果です。とくに、気温が高い地域に適しており、断熱塗料が使われた住宅では、屋根の表面の温度が2〜3度低くなりますので、夏の暑い時にも室内で快適に過ごせるようになります。また、エアコンなどの電気代の節約対策にもなります。夏場の電気代を安く抑える事を目的に外装のリフォームをしたいと考えている家庭には、断熱塗料がおすすめです。断熱・遮熱の効果が期待されるとともに、結露の発生が抑えられ、防音効果も期待されています。

 

ただし、断熱塗料のデメリットをあげると、アクリル系やウレタン系、シリコン系などの塗料と比較すると価格が高く、施工の方法によっては剥がれや雨漏りなどのトラブルが起こる可能性がありますので、断熱塗料による外壁リフォームの実績が豊富で、信頼できる業者を選びましょう。