外壁をリフォームするのに、これから外壁塗装の素材や色、塗り方などをどのようにしたら良いのか、もっとも頭を悩ませるところですよね。外壁塗装の色には実にさまざまなカラーがあり、リフォーム専門店や外壁塗装専門店では、色見本が用意されているので、慎重に選びましょう。

 

外壁塗装は塗り絵ではないので、色見本を見て選んだ色で外壁のリフォームをしても、まったく同じ色になるわけではなく、外壁のリフォームが完成してから外観を見ると、色見本のイメージとはまったく違うと感じることもあるようです。

 

色見本が用意されていて、いくつかの色の種類の中から選ぶ場合は、理想とする色よりも明度と彩度を1つ低いものを選ぶのが理想的です。外壁の色は、同じ色でも家の向きや太陽の光などによっても、見え方が変わることがあります。

 

カラーコーディネーターの勉強をしたことがある人ならご存知だとは思いますが、色の明度と彩度の違いをあげると、明度とはその名の通り、色彩が持つ明るさのことをいい、彩度とは色彩の鮮やかさのことをいいます。

 

外壁のリフォームで業者からサンプルを借りて色を選ぶ時に、多くの人が明るくて鮮やかな色を選ぶ傾向にありますが、実際にそのような色を選んでしまうと、周囲の建物との調和がなく、不自然に明るくなってしまい、目立つこともあります。

 

理想とする色よりも少し渋い感じの色や少し暗い色を選ぶようにすると、とくに目立つこともなく、周囲の建物ともよくなじみ、自然な調和が生まれます。