外壁塗装では個性が強い色は選ばないこと

美容院やお菓子屋、クリーニング店など、とくに商売をしている家でもない限り、一般の住宅で外壁リフォームを行う場合は、外壁塗装は個性が強い色は選ばないことです。反対に、美容院やお菓子屋など、商売をしている家であれば、一般住宅のように外観があまり目立たないようでは、その家でお店をしていること自体、その場所を通りかかった人からは、認識されない可能性もあります。

 

一般住宅では、外壁塗装では黄色や赤などの個性が強い色は選ばないのが一般的です。家の前には草花や樹木が植えられている場合や広い庭がある場合は、植物の色よりも外壁が目立つことがないように、自然に調和するような色を選びたいものです。

 

そのような観点から外壁塗装での色について考えてみると、庭の草木や樹木となじみがよく、明度や彩度が抑えられた色がおすすめです。明度や彩度が低い色が理想的ですが、あまり低すぎると暗い印象になってしまいます。

 

外壁でどのような素材を選ぶのかについては、外壁リフォームを行う目的や用途などによって、さまざまな違いがありますが、色を選ぶのは難しく、基本的には1色のみを選び、一般の住宅で数種類もの色を分けて使うことはほとんどないので、慎重に判断しなければならないところです。