外壁塗装の契約前にアフターサービスについて確認しよう

これから外壁のリフォームを専門の業者に依頼する前に、見積書をきちんと作成してもらい、不明な点があれば必ず確認して明確にすることです。そして、外壁塗装の施工が完了した後は、業者とともに立ち会いをしますが、その後、に外壁塗装をした箇所に剥がれや傷がついた場合など、施工後にトラブルが生じた場合に、アフターケアについてどのように対応してもらえるのか、きちんと確認する必要があります。

 

外壁塗装では、どの範囲まできちんと保証をしてもらえるのか、施工が完了してから何年以内であれば無料で保証してもらえるのか、明確にしておくことです。ほとんどの業者で、屋根や外壁塗装などのリフォームでは、塗料が剥がれた場合や職人のなんらかのミスで傷がついた場合などに限り、保証の適用対象となっているようです。

 

万が一、悪質な業者にひっかかってしまった場合は、契約を迫られた上に施工の作業工程が短期間になっている場合もあります。施工が完了した後に、アフターケアも保証もなにもなく、施工が完了した後に業者に説明してもらうように求めても、応じてもらえないケースもあります。外壁塗装の契約を交わす前に、施工後にトラブルが生じた場合のアフターケアについて、きちんと納得のいく対応をしてもらえる業者を選びたいものです。