外壁塗装とクーリングオフ制度との関係

外壁塗装を専門の業者に依頼する場合、契約書を取り交わしたものの、どうしても気が乗らなくなり、契約を解除したいと希望する場合、クーリングオフ制度は適用されるのでしょうか。クーリングオフ制度とは、商品の購入やサービスの利用などについて、いったん契約を取り交わした後に、冷静に考える期間を設けて、一定の期間内に契約を解除する制度のことを言います。

 

クーリングオフ制度は、契約した日から8日間以内であれば、契約自体を取り消すことができるというものです。消費者の安全を守るための制度であり、悪質な業者とのトラブルを未然に防ぐための制度として存在しています。

 

通常は、商品を購入する場合は自分の好みで品物を選びますが、外壁塗装など家のリフォームを請け負う業者によっては、悪質な業者もいます。近年は、訪問販売法の規制により、商店街や街角で悪質なキャッチセールスに引っかかって化粧品の購入やエステ酸のコース契約などのトラブルは少なくなりましたが、リフォームに関する被害はいまだに多いようです。

 

契約を取り交わした日から8日以内であれば、クーリングオフが適用されるので、外壁塗装のリフォームについて契約を取り交わす場合、施工の開始日は万が一のことを考えて、契約した日から8日以降の日にしてもらうことをおすすめします。契約した次の日から施工が始まり、8日以内に契約の解除を申し出ても、施工がすでに始まっていたのでは、その間の塗料や素材、職人が仕事をした分の費用について請求されるので注意が必要です。