外壁塗装をしない場合の注意点とは

新築の家に住んでから10年以上も経過していて、外壁の変色や劣化がそろそろ気になり始めたものの、とくに外壁が剥がれ劣るほどではないので、あと数年はこのままでも良いのではと思い、外壁塗装をしない場合、家の耐久性についてはどのようになるのでしょうか。

 

外壁の塗り替えの時期は、家の向きや気候、外壁塗装で使われている素材や塗料、施工法などによって違いはあると思いますが、一般的には10年程度と言われています。つまり、新築してから10年過ぎたら、外壁にはなんらかのダメージがみられる頃なので、家族が見てもなかなか気づかない場合は、リフォームや外壁塗装専門の業者に来てもらって、外壁の状態をくまなくチェックしてもらうと良いでしょう。

 

ただし、業者によっては、「今、外壁塗装のリフォームをしないと、大変なことになりますよ。」と言われて、契約をしつこく迫られるケースもありますので、自宅に業者を呼ぶことをためらう人もいるようです。

 

万が一、外壁塗装のリフォームをしない場合、とくに外壁の見た目がそれほど変わってはいなくても、太陽の光や紫外線、湿気、雨や風など気候によるダメージを受けることもあれば、カビや傷がつくこともあります。外壁塗装の劣化によって、耐久性や耐火性にも悪影響を及ぼすこともありますので、快適な環境で生活するためにも、新築してから10年経過したら外気塗装について検討してはいかがでしょうか。