外壁塗装で快適な住まい環境作り

そもそも外壁塗装によるリフォームを行う本来の目的は、住まいの耐久性を高めること、そして大切な家を守るためです。外壁塗装で外壁の色が変わると、外観が大きく変わることもありますが、単に外壁の色に変化をつけるだけではなく、紫外線や雨、風、雪、大気汚染など外からの刺激から外壁をしっかりと守り、快適な住まい環境を維持することを目的としています。

 

万が一、外壁塗装をしない場合は、外壁の耐久性が落ちてしまい、湿気がこもり、雨などの水分が吸収されやすくなり、防水機能が低下するリスクが高くなります。使われている外壁の素材によっては、ひび割れが発生する可能性があります。とくに、地震が頻繁に発生する地域では、外壁の落下やひび割れなどのリスクが高くなります。外壁のひび割れにより、汚れや湿気が外壁の内部にまで入り込み、腐食を引き起こす原因となります。

 

腐食がさらに進み、外壁の内部の木材にまでダメージを与えてしまい、さらに広がると隙間ができてしまい、遮熱性や断熱性が低くなることもあります。そのため、エアコンを長時間つけっぱなしにして、電気代が上がる可能性もあります。

 

家は一生の財産ですから、快適な環境で住み続けるためにも、家の耐久性を良くする必要がありますので、外壁塗装で安心して住める家にしたいものです。