地球温暖化で断熱性の高い外壁塗装のニーズ高まる

近年は、断熱性の高い塗料が用いられた外壁リフォームの施工事例が増えていますが、この背景には地球温暖化現象が要因となっているようです。地球温暖化により、夏の暑さがさらに増してくるので、公共施設や一般住宅、アパート、マンションなどの集合住宅では、扇風機やエアコンを長時間つけたままにする人が多く、そのため電気料の消費がかなり増えてきます。

 

暑い夏こそ消費電力を少なくすれば節電対策やエコ対策にもなるのですが、だからといって室内が暑いのに冷房を使わないようでは、健康上にも良くありません。それなら、外壁リフォームで断熱性の高い素材を使って外壁塗装の施工をすれば、室内で快適に涼しく過ごせるようになります。

 

断熱性や遮熱性の高い外壁塗装の素材にはいろんな種類がありますので、外壁塗装のリフォームの専門店にどのような素材を選んだら良いか相談してはいかがでしょうか。地球温暖化やヒートアイランド現象などで、夏だけではなく年間を通して気温が高くなっていることから、断熱性の高い外壁塗装のニーズが高くなっています。外壁塗装で使用する塗料の種類や家の構造、家の向きなどによっても格差は生じますが、室内の温度が真夏のいちばん暑い時には3〜5度低くなる効果が期待されています。