外壁塗装の料金体系について

外壁塗装について、専門の業者に依頼するのにどの程度の費用が発生するのか気になると思いますが、外壁リフォームの施工を正式に契約する前に、できるだけ多くの業者で見積書を作成してもらい、じっくりと比較することです。

 

外壁塗装の業者には訪問による営業を積極的に展開している業者もあれば、住宅メーカーの外壁塗装専門の業者や工務店、外壁塗装を専門とする事業所などさまざまなタイプがありますが、業者のタイプによっても料金体系にはさまざまな違いがあることをご存知でしょうか。

 

この中で、訪問販売による営業を展開している業者や住宅メーカーや工務店では、仲介マージンが発生するため、通常の施工料金に上乗せされた金額となります。とくに、訪問販売だと仲介マージンとともに営業のめの費用が発生するため、住宅メーカーや工務店に注文するよりも、さらに施工料が高くなる場合があります。

 

一般的には、電話帳やホームページ、チラシなどの広告費や外壁を塗装するための材料費、職人が請け負う工事費用などが施工料として反映されていますが、仲介マージンや営業に力を入れている会社で注文すると、施工料がかなり高くなることもあります、

 

会社としての規模はそれほど大きくはなくても、自社にて施工からアフターケアまでしっかりとした対応をしてもらえる外壁塗装の専門店であれば、営業コストや仲介マージンがほとんど発生することなく、その分、質の高い施工が他店よりも安い料金となっています。