外壁塗装では汚れが目立つ色は選ばないこと

外壁リフォームは、家の面積が広ければ広いほど、外壁塗装の費用がかかるわけですから、素材や色、外壁の塗り方などどの要素をとっても満足度が高いものにしたいですよね。完成してから、「このような仕上がりなら、外壁塗装をしなければ良かった」と後悔することのないようにしたいものです。

 

外壁塗装でどんなに高級感のある素材や機能性が高い素材を選んでも、施工してしばらく時間が経過してから、外壁に汚れが目立つようでは困ります。とくに、黒と白はいずれも汚れが目立ちやすいので、注意が必要です。まっ黒の色の外壁だと、白いシミなどの汚れが目立つようになります。真っ白の外壁だと、黒い色の汚れやシミが目立つので、黒系・白系の白を選ぶ時は、はっきりとした色合いではなく、白みがかったグレーや白に近いクリーム色、白っぽいブラウン系の色などを選ぶことをおすすめします。

 

一般住宅で外壁の色をまっ黒に塗った家は、まず見かけることはありませんが、あまりにも黒い色だと、家全体が重苦しい感じに見えてしまい、周囲の建物との調和がなくなってしまいます。

 

外壁塗装で、どのような素材や色を選んだら良いか、困った時にはリフォーム専門の業者や外壁塗装の実績が高い業者に相談すると良いでしょう。