外壁塗装の塗料の耐久性

これから外壁をリフォームしたいと考えているなら、どのような塗料を使えば良いのか選択する必要が出てきますが、リフォームの計画を立てる上でおそらくほとんどの人が、外壁塗料の耐久性だと思います。

 

耐久性の高い塗料には、シリコン系塗料やフッ素系塗料、無機系塗料などがありますが、一般的には10年以上と言われています。しかし、外壁の塗り替えを行った後の耐久性については塗装する場所の日当たりや湿度、空気環境や気候の影響などにより、一般的には10年と言われている塗料でも、耐用年数が短くなる可能性もあります。

 

この他にもアクリル系塗料やウレタン系塗料などがありますが、耐用年数はあくまでも一般的なものであり、住まい環境によって格差が生じることを理解しておかなくてはなりません。

 

塗料の耐用年数については、あくまでも一般的な塗り替えの推奨時期となりますが、アクリル系は約5年、ウレタン系は約8年、シリコン系は約11年、フッ素系は約13年、そして無機系は約19年と言われています。さらに細かく区分すると、実に多くの塗料の種類がありますので、耐用年数がどれくらいなのか、塗り替えの推奨時期がいつ頃なのか、はっきりとしたことは言えません。